仏具・神具。お墓・墓石・霊園・お仏壇・お仏壇の修理なら株式会社ひょうまにお任せください。


仏具・神具

株式会社ひょうま楽天市場店はこちら

株式会社ひょうまヤフーショッピング店はこちら

ひなたぼっこホームページ

  • ひょうまからのお知らせ
  • お客様の声
  • 施工実績
  • 各諸経費
  • 仏壇
  • お墓
  • 霊園
  • 仏具・神具
  • 仏壇の修理・引越し・移動
  • 仏事・神事
  • 店舗案内
  • 採用情報
  • よくある質問
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • トップページ
HOME > 仏具・神具

仏具・神具

お仏具はお仏像・お掛軸・お位牌の礼拝仏具と、その他一般仏具にわかれます。
お仏壇にお仏具をお飾りすることを「荘厳(しょうごん)する」といいます。
お仏壇は、ご本尊(ごほんぞん)・脇掛(わきがけ)を安置し、お仏具によって荘厳(しょうごん)して初めてその機能を果たすことになります。
お仏壇に対して、大きさやデザイン、色合いなどを考え、よりよい荘厳(しょうごん)になるようお選びください。

主なお仏具には、香炉(線香立)・燭台(ローソク立)・花立・茶湯器・仏飯器・高杯(たかつき)・リン・木魚・打敷などがあります。
仏具の中で宗派に関係なく最も重要なのが、「花立・香炉(線香立)・ロウソク立」各一つずつです。これを「三具足(みつぐそく)」といいます。
法事などの正式な時は花立て・ロウソク立それぞれ一つ増やし、「五具足(ごぐそく)」にします。
「五具足」に香炉・線香差を加えたものを「七具足(ななぐそく)」といいます。

お香を立てることも、お花を飾ることも、ロウソクに火を灯すことも、ご飯やお水をお供えすることと一緒で、仏様への「お供え」です。この5つのお供えを「五供(ごくう)」といいます。

他にもあると便利な仏具がありますが、宗派によって使わない仏具もありますので、相談してご購入をお考えください。

お仏具には、それぞれ意味や役割があります。それぞれのお仏具の意味または役割を理解しておくことで、より気持ちのこもったお参りができるでしょう。

仏具のご紹介

ローソク立 ローソク立
明かりを灯すだけでなく、煩悩の闇を消す意味と仏様の智慧(ちえ)を表しているお仏具です。
花立 花立
お花は仏様の慈悲を表すものですので、出来る限り生花をお供えする方が良いでしょう。
トゲのあるもの(バラなど)は避けた方が良いでしょう。
玉香炉 玉香炉
上香炉・中央香炉とも言います。
現在は線香立を使用しお香を焚くことが多くなりましたが、重要なお仏具の一つです。
線香立 線香立
机上前香炉とも言います。
お香(線香)は三千世界に遍(あまね)く散りまして、私どもの心を清めて頂くと共に、高貴な香を仏様に献ずると言う意味もあります。
(浄土真宗は線香を横にねかせます)
輪 リン
読経の際に打つ重要なお仏具です。
素材・形状により音色・余韻がことなります。
経机 経机
お経を読む際に使用する机です。
普段は机上に防炎マットを敷き火の気の物(ローソク立・線香立など)を置く事も有ります。
過去帳・見台 過去帳・見台(けんだい)
亡くなられた方の法名あるいは戒名・没年月日・俗名・続柄などを記入するものです。
日付の入っているタイプと入っていないタイプが有りますので、お寺様に確認される事をお勧めします。
見台は過去帳を立掛けておく台です。
(宗派により使用しない事もあります。)
瓔珞 瓔珞(ようらく)
天上界で花弁が舞っている形を表した荘厳具(しょうごんぐ)です。
仏器 仏器
飯を供える際に使用する器です。
宗派により盛り付け方の違いが有ります。
高坏(たかつき) 高坏(たかつき)
水菓子・干菓子などをお供えする器です。

ページの先頭に戻る↑

供華(くげ) 供華(くげ)
華足(けそく)とも言います。
お餅など穀物を加工した物をお供えします。
(宗派により使用しない事もあります。)
吊灯籠 吊灯籠
仏壇の内部を照らす照明です。
(ひょうまでは、LEDライトを使用しています)
御文章 御文章
本願寺八世蓮如上人が書かれた御文(おふみ)をまとめたものです。
(宗派により使用しない事もあります。)
御文章箱 御文章箱
御文章を収める箱です。
(宗派により使用しない事もあります。)
華鋲(けびょう) 華鋲(けびょう)
シキミ(樒)を差しお供えします。
(宗派により使用しない事もあります。)
香合 香合
抹香を入れておく容器です。
抹香を入れたままにしておくと香(かおり)が飛んでしまいますので、必要な時に必要な量を入れられる事をお勧めします。
位牌 位牌
亡くなられた方の霊をお祀りする為に戒名を記しお仏壇に安置します。
塗りや唐木の一枚位牌、札板が数枚入っている繰り出し位牌が一般的です。
※ 白木の位牌(野辺位牌)は四十九日までの仮位牌になります。
(宗派により使用しない事もあります。)
木魚 木魚
魚は眠っている時も目を閉じないと言われる事から、読経の際に眠ったり気を抜いたりしない様にする為に、使用される鳴り物です。
(浄土真宗・日蓮宗には使用しません。)
木柾 木柾(もくしょう)
日蓮宗でお勤めの際に使用するお仏具です。
茶湯器 茶湯器
お茶をお供えする際に使用する器です。 (浄土真宗には使用しません)

ページの先頭に戻る↑

霊具膳 霊具膳
一汁三菜(いちじゅうさんさい)の献立を盛り付け、仏前にお箸が向くようにお供えします。
お供えは毎日でも良いのですが、お寺様が来られる際に用意される事が一般的になっています。
(浄土真宗では使用しません、又宗派により配置・お膳の数等に違いが有ります。)
線香差し 線香差し
必要最小限のお線香をすぐに使える様に入れておくものです。
マッチ消し マッチ消し
マッチのカス入れです。
水は入れずに使用します。
ローソク消 ローソク消
ローソクの火を消すものです。
蝋が飛び散ることがありません。
経机掛け 経机掛け
経机の上に敷き、火の気の物(ローソク立・線香立)を置きます。
打敷 三角 打敷 三角
一般的に浄土真宗は三角形、その他宗派は四角形を使用します。
(地域により異なる事もあります。)
打敷 角 打敷 角
念珠掛けA 念珠掛けA
お仏壇にお参りする際にお念珠がすぐに使える様に掛けておく台です。
念珠掛けB
安全マット 安全マット
お仏壇の前に敷いておくマットです。
マッチの火が落ちたり、火のついたローソクが倒れても安心です。
大きさは二種類(1m×1.8m)(1m×1.2m)

ページの先頭に戻る↑

神具のご紹介

お祀り例 お祀り例
神棚 神棚
神鏡 神鏡
神前に表を外に向けて立てます。
榊立 榊立
榊を入れる器として使用します。
酒入れ(瓶子「へいじ」) 酒入れ(瓶子(へいじ))
お酒を入れる器として使用します。
かわらけ かわらけ
饌(せん)(洗米・塩)を盛る器として使用します。
水玉 水玉
水を入れる器として使用します。
三宝(さんぼう) 三宝(さんぼう)
神饌(しんせん)を載せる台として使用します。
かがり火 かがり火
ローソクを立て使用します。

ページの先頭に戻る↑